tencent cloud

フィードバック

Electron

最終更新日:2022-07-21 17:08:12

    このドキュメントでは、主にビデオ通話やInteractive Live Video Broadcastingで画質を設定する方法を紹介します。開発者は、具体的なのサービスニーズに応じてビデオ画像の鮮明さと滑らかさを調整して、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。
    ビデオのプロパティには、解像度、フレームレート、ビットレートが含まれます。

    内容紹介

    Electron SDKにおいて、以下の方法で画質を調整できます:

    • enterRoomのTRTCAppSceneパラメータ:ユースケースの選択に使用されます。
    • setVideoEncoderParam:エンコードパラメータの設定に使用されます。
    • setNetworkQosParam:ネットワークチューニングポリシーの設定に使用されます。

    このドキュメントでは、主にTRTC SDKの画質をプロジェクトのニーズに合わせるために、上記のパラメーターを設定する方法を紹介します。
    Electron API Example:video-qualityDemoを参照することもできます。

    TRTCAppScene

    • VideoCall:ビデオ通話シーン、つまり、ほとんどの時間において2人以上がビデオ通話を行うシーンに対応して、内部エンコーダとネットワークプロトコルの最適化は、滑らかさ、通話遅延の低減、ラグ率に重点を置いています。
    • LIVE:ライブストリーミングシーン、つまり、ほとんど1人がライブストリーミングし、時々に複数の人のビデオインタラクションがあるシーンに対応して、内部エンコーダとネットワークプロトコルの最適化は、性能と互換性に重点を置き、性能と鮮明さが向上します。

    TRTCVideoEncParam

    推奨される構成

    ユースケース videoResolution videoFps videoBitrate
    ビデオ会議(メイン画面 @ Mac Win) 1280x720 15 1200kbps
    オンライン教育(教師 @ Mac Win) 960x540 15 850kbps

    各フィールドの詳細な説明

    • (TRTCVideoResolution) videoResolution
      640 x 360などのエンコード解像度は、エンコードされた画像の幅(ピクセル)x高さ(ピクセル)を指します。TRTCVideoResolution列挙定義で幅>=高さの横向きの解像度のみを定義します。縦向きを使用する場合はresModeをPortraitに設定してください。

      注意:

      多くのハードウェアコーデックは16で割り切れるピクセル幅のみをサポートするため、SDKによって実際にエンコードされる解像度は、必ずしもパラメータに従って完全にカスタマイズされるとは限りませんが、16で割り切れる値によって自動的に修正されます。たとえば、640x360の解像度は、SDK内部で640x368に適合させることができます。

    • (TRTCVideoResolutionMode) resMode
      横向きまたは縦向きの解像度を指します。TRTCVideoResolutionでは横向きの解像度のみが定義されているため、360x640などの縦向きの解像度を使用する場合は、resModeをTRTCVideoResolutionModePortraitとして指定してください。一般的に、PCとMacは横向き(Landscape)の解像度を使用し、携帯電話は縦向き(Portrait)の解像度を使用します。

    • (int) videoFps
      フレームレート(FPS)も、毎秒どれだけのフレーム画面をエンコードするかを示すものです。15 FPSに設定することをお勧めします。そうすれば、画面が十分にスムーズに流れ、毎秒のフレーム数が多すぎることによりフレーム画面の解像度を下げることはありません。

      滑らかさの要件が高い場合は、20FPSまたは25FPSに設定できます。ただし、映画の通常のフレームレートは24FPSのみであるため、25FPS以上の値を設定しないでください。

    • (int) videoBitrate
      ビデオビットレートは、エンコーダが1秒間に出力するエンコードされたバイナリデータのKbit数です。videoBitrateを800kbpsに設定すると、エンコーダは1秒間に800kbitのビデオデータを生成します。これらのデータをファイルとして保存すると、ファイルサイズは800kbit、つまり100KB、つまり0.1Mになります。

      ビデオのビットレートは高いほどよいとは限りません。次の表に示すように、ビデオのビットレートと解像度との間にはより適切なマッピング関係が必要です。

      解像度とビットレートの参照テーブル

    解像度の定義 アスペクト比 推奨ビットレート(VideoCall) 推奨ビットレート(LIVE)
    TRTCVideoResolution_120_120 1:1 80kbps 120kbps
    TRTCVideoResolution_160_160 1:1 100kbps 150kbps
    TRTCVideoResolution_270_270 1:1 200kbps 300kbps
    TRTCVideoResolution_480_480 1:1 350kbps 525kbps
    TRTCVideoResolution_160_120 4:3 100kbps 150kbps
    TRTCVideoResolution_240_180 4:3 150kbps 225kbps
    TRTCVideoResolution_280_210 4:3 200kbps 300kbps
    TRTCVideoResolution_320_240 4:3 250kbps 375kbps
    TRTCVideoResolution_400_300 4:3 300kbps 450kbps
    TRTCVideoResolution_480_360 4:3 400kbps 600kbps
    TRTCVideoResolution_640_480 4:3 600kbps 900kbps
    TRTCVideoResolution_960_720 4:3 1000kbps 1500kbps
    TRTCVideoResolution_160_90 16:9 150kbps 250kbps
    TRTCVideoResolution_256_144 16:9 200kbps 300kbps
    TRTCVideoResolution_320_180 16:9 250kbps 400kbps
    TRTCVideoResolution_480_270 16:9 350kbps 550kbps
    TRTCVideoResolution_640_360 16:9 550kbps 900kbps
    TRTCVideoResolution_960_540 16:9 850kbps 1300kbps
    TRTCVideoResolution_1280_720 16:9 1200kbps 1800kbps
    TRTCVideoResolution_1920_1080 16:9 2000kbps 3000kbps

    TRTCNetworkQosParam

    QosPreference

    ネットワーク帯域幅が十分な場合は、鮮明さと滑らかさの両方を考慮に入れることができますが、ユーザーのネットワークが理想的でない場合、鮮明さと滑らかさを確保するための優先事項はどちらですか?TRTCNetworkQosParamのpreferenceパラメータを指定して選択できます。

    • 滑らかさを優先とする(TRTCVideoQosPreferenceSmooth)
      ユーザーが弱いネットワーク環境に遭遇すると、画像がぼやけてモザイクが増えますが、滑らかなままになるか、わずかにラグする可能性があります。

    • 鮮明さを優先とする(TRTCVideoQosPreferenceClear)
      ユーザーが弱いネットワーク環境に遭遇すると、画像は可能な限り鮮明に保たれますが、ラグしやすくなる可能性があります。

    ControlMode

    controlModeパラメーターにはTRTCQosControlModeServerを選択してよいです。TRTCQosControlModeClientは、Tencent Cloud R&Dチームが内部デバッグに使用されます。注意しないでください。

    よくある間違い

    1. 解像度が高いほど良いですか。

    解像度が高いほど、サポートするにはビットレートも高くなります。解像度が1280x720で、ビットレートが200kbpsに指定されている場合、画像には多くのモザイクが現れます。設定については、解像度とビットレートの参照テーブルを参照することをお勧めします。

    2. フレームレートが高いほど良いですか。

    カメラで取得した画像は、露光段階のすべての実物を完全にマッピングしたものであるため、フレームレートが高いほど感覚が滑らかになるわけではなく、これはゲームのFPSとは異なります。逆に、フレームレートが高すぎると、各フレームの画質が低下し、カメラの露光時間も短くなり、効果がより低下する場合があります。

    3. ビットレートが高いほど良いですか。

    ビットレートが高いほど、一致する解像度も高くなります。320x240などの解像度の場合、1000kbpsのビットレートは無駄です。設定については、解像度とビットレートの参照テーブルを参照することをお勧めします。

    4. Wi-Fi使用時に高い解像度とビットレートを設定できますか。

    Wi-Fiの速度が一定というわけではありません。無線ルーターから遠く離れている場合やルーターのチャネルが占有されている場合は、ネットワーク速度が4Gほど良くない場合があります。
    このような状況に対応するために、TRTC SDKは速度測定機能を提供しており、ビデオ通話前に速度を測定し、採点値に応じてネットワークの品質を判断することができます。

    お問い合わせ

    カスタマーサービスをご提供できるため、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

    テクニカルサポート

    さらにサポートが必要な場合は、サポートチケットを送信して弊社サポートチームにお問い合わせください。24時間365日のサポートをご提供します。

    電話サポート(24 時間365日対応)